Mom & Baby

【産婦人科医監修】葉酸はいつからいつまで摂るのが正しいの?

葉酸いつまで

この記事に登場する専門家

アバター
野口真理(産婦人科医)
親会社naturaltech株式会社が運営するメディアnaturill (ナチュリル)。妊婦・ママ・妊活中・結婚経験のある女性メンバーで構成される編集部チームが、専門家への取材などを元に、皆さんのお役に立つ美容・健康・妊婦向けの関連情報をお届けしています。葉酸サプリmitasなど自社製品も販売しています。
薬学部を卒業し、薬剤師免許取得後、名古屋大学病院で薬剤師として勤務しながら愛知医科大学医学部に通い、医師免許も取得。産婦人科医として修練中。妊婦授乳婦サポート薬剤師、スポーツファーマシスト専門課程修了。「医学」と「薬学」の専門家として、不妊と性に悩む患者を救う産婦人科医として活躍。
  • 最終更新日:2020年03月07日
  • 157 ビュー

妊婦にとって必要不可欠な「葉酸」。葉酸を摂るのは大事だとわかったけど、実際いつからいつまで摂るのが正しいのかわかりますか?今回は愛知医科大学医学部出身、産婦人科医の野口さんに葉酸の正しい摂取についてお話を伺ってみました。

葉酸ってそもそもどんなもの?なぜ妊婦は葉酸が必要なのか

そもそも葉酸ってどんなものなのでしょうか?
葉酸は水溶性ビタミンB群の一種で細胞の形成や増殖に必要なDNAの合成に関与していると言われています。食べ物で言うと、ほうれん草やレバー、柑橘類に多く含まれます。


2000年頃に厚生労働省が全国の妊婦に400μgの「葉酸」摂取を推奨することを発表しました。これは産まれてくる胎児が神経管閉鎖障害を発症するリスクを下げるためです。しかも通常の食事ではなかなか400μgには達しないため、極力栄養補助食品(サプリメント)などで必要量を補うように勧めています。

日本でも2000年に厚生労働省から神経管閉鎖障害のリスク低減のために妊娠の可能性がある女性は通常の食事からの葉酸摂取に加えて、いわゆる栄養補助食品から1日400μgの葉酸を摂取するよう通知が出されました。

e-ヘルスネット 横浜国立大学 教育学部 学校教育課程 家政教育 准教授 三戸 夏子
妊婦に栄養のある食材

葉酸はいつからいつまで摂取が必要?

そんな葉酸はいつからいつまで摂取が必要なのでしょうか?詳しい時期毎に見ていきましょう。

その①:妊活中〜妊娠初期での葉酸の必要性

厚生労働省の発表している内容によると、400μgの葉酸を栄養補助食品などで妊娠1ヶ月前から妊娠3ヶ月頃まで摂取するように促しています。妊娠初期に特に必要な栄養素のようですね。

多くの研究報告と諸外国の対応では、葉酸の摂取時期を少なくとも妊娠の1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月までとしている。一方、妊娠が判明してからの摂取でも効果が見られたとする報告もある。

厚生労働省 神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性に対する葉酸の摂取

なぜ妊娠1ヶ月前の妊活中から葉酸が必要かと言うと、胎児の神経は妊娠初期に発達するからです。その時期までに母体の葉酸濃度を高めておく必要があります。妊娠発覚してから葉酸を飲み始めたとして、その時期がすでに神経発達の時期より遅かった場合は、すでに時遅し、となる可能性があります。そのため、できるだけ妊娠を希望している段階から葉酸を飲むように心がけましょう。

その②:妊娠中期〜妊娠後期での葉酸の必要性

妊娠中期以降になったら葉酸を摂らなくてもいいわけではありません。妊婦の健康を保つために、葉酸は妊娠中や産後でも必要な栄養素です。妊娠中期以降は、厚生労働省によると普段の食事に加えて、240μgの食事性葉酸の摂取を推奨しています。妊娠中期から後期にかけて健康的な母体で赤ちゃんを産むためにも産後まで栄養素をしっかり摂るようにしましょうね。

美しい妊婦

葉酸はサプリメントでの摂取を心がけよう

葉酸は普段の食事から摂取することができる天然葉酸と、サプリメントや栄養補助食品から摂取する合成葉酸の2種類があります。天然葉酸と合成葉酸、どちらが良いのでしょうか?
できるだけ普段の食事に加えて合成葉酸のサプリメントで補うようにしましょう。実は食事から摂取する葉酸は50%が体内で吸収されずに尿などから排出されてしまうようです。そのため通常の食事では毎日400μgの葉酸を摂取することは非常に難しいとされています。

全て食事から葉酸を摂取する場合は、食材で例えると、ほうれん草は1日4袋、赤身のお肉70gを1日12枚程度、が必要です。これはかなり大変ではないでしょうか?

その点、サプリメントで補う合成葉酸は80%が体内に吸収されるため、非常に効率が良いとされています。実際に、厚生労働省も妊婦さんにサプリメントでの摂取を促しています。

ほうれん草

 

naturill オススメ葉酸サプリご紹介

naturill編集部がいくつか葉酸サプリをいくつかオススメします。是非自分にあった葉酸サプリを探して見てくださいね。

温活もできる葉酸サプリmitas – ミタス

温活もできる葉酸サプリmitas

「温活もできる葉酸サプリmitas」は、女性の社会進出が開発の背景にあります。頑張る女性が増えると体の不調は増えてきます。特に体の冷えは不妊の原因にもなり得ます。日々頑張る女性の健康をサポートしたいと思いブランドが始まりました。

厚生労働省推奨量の400μgの葉酸に加えて、鉄分、ビタミンC、ビタミンB1、B2、B6、B12、ビタミンEなど妊活中〜妊娠初期の女性に必要不可欠な栄養素・ビタミン・ミネラルを豊富に含んでいます。

さらに、特徴として高麗人参、生姜、なつめ、サンザシ、などの和漢素材を配合しているため、体の内側からイキイキ元気に、ポカポカ実感ができるとされています。不妊の原因の一つでもあり、女性にとって「冷え」は大敵です。mitasは妊婦に必要な栄養素も摂れて、体のひんやりまで回避できるおすすめの葉酸サプリです。

mitas葉酸サプリはこちらから

妊活専門の産婦人科医のお墨付きもあり、しかも定期縛りもなく15日返金保障付き。万が一体に合わなくても安心です。
お得な定期便だと今なら先着で50%OFFの3,980円(税抜)で購入できます。

お客様の口コミでも好評を得ています。

周りの友達もmitasを飲んでいたので気になって始めました。粒の形状とサイズが飲みやすいですね!毎日無理なく飲むことができました。mitasを初めて良かったです。

mitas葉酸サプリ公式サイトより引用

しっかり検査もされているし、自然由来のものを使っているのでとても安心ですね!赤ちゃんのためにいつも夜に飲んでます!

mitas葉酸サプリ公式サイトより引用

mitas葉酸サプリはこちらから

 

※1 参考文献:厚生労働省 神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について
※2 参考文献:二分脊椎症と葉酸
※3 参考文献:独立行政法人国民生活センター 胎児の正常な発育に役立つ「葉酸」を摂取できるとうたった健康食品
※4 参考文献:厚生労働省 日本人の食事摂取基準(2015年版)

この記事に登場する専門家

アバター
野口真理(産婦人科医)
親会社naturaltech株式会社が運営するメディアnaturill (ナチュリル)。妊婦・ママ・妊活中・結婚経験のある女性メンバーで構成される編集部チームが、専門家への取材などを元に、皆さんのお役に立つ美容・健康・妊婦向けの関連情報をお届けしています。葉酸サプリmitasなど自社製品も販売しています。
薬学部を卒業し、薬剤師免許取得後、名古屋大学病院で薬剤師として勤務しながら愛知医科大学医学部に通い、医師免許も取得。産婦人科医として修練中。妊婦授乳婦サポート薬剤師、スポーツファーマシスト専門課程修了。「医学」と「薬学」の専門家として、不妊と性に悩む患者を救う産婦人科医として活躍。
  • 最終更新日:2020年03月07日
  • 157 ビュー